L型キッチンでの動線特徴

L型キッチンの基本動線

L型キッチンは、「L」の短手の方に加熱機器を配置し、長手の方に作業台及びシンクを持ってくる配置が一般的です。加熱機器とシンクとの距離はI型キッチンに比べると短くなるため横移動も少なく、三角形を描くような動線になるのが特徴です。そして身体を少し傾ければ加熱機器から作業台への動きなども簡単に取れるので、振り返りの動作もいらず、非常にコンパクトな動線になります。
ただし、食器棚や家電収納との配置のバランスが難しく、上手に配置しなければキッチンから離れてしまったりすることがあるので注意が必要です。間取りにゆとりがある場合はとても魅力的なスタイルですが、そうでなければ難易度の高いキッチンの形状と言えます。

image

形状をアレンジすると生まれる魅力


L型キッチンは一人で料理をする場合にコンパクトな動きで済むようになっています。その為、複数人で一緒に料理を作ろうとする時には、動線が被ってしまうので不向きなスタイルです。
そこで、最近ではL型のどちらか一方の辺をダイニング側に向けて、オープンキッチン風に作るケースもあります。こうすることで、一人で料理をする場合のL型キッチンのコンパクトな動線のメリットを活かしつつ、オープンになっている方でもう一人が他の作業をすることもできるので、家族や友人と一緒に料理を作る場合の動線もスムーズにすることができます。
その場合は、加熱機器は壁に面した側に配置し、シンクや作業台の面をオープンにする方が効率よく使えるでしょう。

一戸建てを建てる際に注文住宅にすると自分の理想の間取りの家を建てることができます。敷地内の駐車場は買い物の際に便利です。庭ではガーデニングや家庭菜園を楽しむこともできます。