II型キッチンでの動線特徴

広くて動きやすいII型キッチン

II型キッチンとはシンク、コンロを分けて向かい合わせに二列に並べたキッチンのことをいいます。
シンクをリビング側に対面式に、コンロを壁際に設置することで調理中のにおいや油はねがリビングに広がることを控えられます。
キッチンカウンターはシンク側は作業台として、コンロ側も配膳する際の台として広々と作業しやすいでしょう。
調理するときには、シンクで洗って切った野菜を振り向いてすぐコンロのお鍋で調理できるため、キッチン内で歩き回ることなく効率よく料理ができます。
またII型キッチンは広いカウンターが2台あるため、そのカウンター下はたっぷりな収納スペースとして活用できるところも魅力です。引き出し式にすると多くの食器を収納することができます。

image

複数で料理を楽しめる


II型キッチンはキッチンスペースを広く使うことができます。ふたつに分かれているため、作業の分担もしやすく複数の人とキッチンに立つにはぴったりです。
リビング側をオープンキッチンにすると開放感があり、リビングの様子もよく見えます。
テレビを見ながら料理をしたり、子どものいる家庭ではコミュニケーションが図りやすく、お手伝いのきっかけも作りやすいでしょう。
またホームパーティーが好きな人にはおすすめです。みんなでわいわいと料理を作ることができ、キッチンを中心に大勢で楽しむこともできますね。後片付けもみんなで分担しながらするとラクチンですよ。
II型キッチンは大勢で料理を楽しむことができる、収納力があり、動線が短く効率的に調理することができるおすすめキッチンです。

建売住宅を探してみると、 売主である分譲会社に支払うお金と、購入にかかる諸費用が早い段階で分かります。