クローズドキッチンのメリット・デメリット

クローズドキッチンのメリット

クローズドキッチンとは、壁で囲まれてひとつの部屋のような形になっているキッチンのことです。オープンキッチンと比較して、クローズドキッチンには以下のようなメリットがあります。
まず、クローズドキッチンは、四方を囲まれた部屋のようになっているので、オープンキッチンに比べて調理に集中しやすいということがあげられます。ダイニングやリビングなどの生活空間からキッチンが見えないため、ホームパーティーなどの時、キッチンが散らかっていても気にならないというメリットもあります。また、キッチンが閉鎖空間になっているため、煙や臭いがダイニングやリビングまで広がらず、オープンキッチンに比べてコンロや換気扇の配置が自分好みに自由に決めやすいこともメリットのひとつです。

image

クローズドキッチンのデメリット


では、クローズドキッチンのデメリットとはなんでしょう。
キッチン台から料理を受け渡しできるオープンキッチンに比べて、クローズドキッチンはキッチンから出てダイニングまで料理を運ばなければならないので、準備、片付け共に動線が長くなり効率が悪くなりやすいです。
また、クローズドキッチンは、調理中、幼児がキッチンに侵入してヤケドするなどの危険は少なくなるのですが逆に、姿が見えず、安否の確認をすることが難しいというデメリットがあります。
開放的なオープンキッチンに比べて、壁に囲まれたクローズドキッチンはどうしても圧迫感が出やすいというデメリットもあります。
オープンキッチンが流行り始めた頃から、クローズドキッチンは、やや古い印象でみられるようになりましたが、料理好きの人達からその良さが見直されてきています。

新築一戸建ては、太陽光発電や家庭用蓄電池などの最新設備が設置される場合もあり、新築の税制優遇も受けやすいです。